Sakai-Ikubaku Christ Church

堺育麦キリスト教会のホームページへようこそ。
本日の来訪者


2019年2月17日

今週の暗唱聖句と解説

神へのいけにえは、砕かれた霊。砕かれた、悔いた心。神よ。あなたは、それをさげすまれません。 詩篇51:17

いけにえという言葉はちょっと衝撃的です。旧約聖書では、罪を犯した人間がその罪を許してもらうために、牛や羊を携えてきて、それを全焼のいけにえとして神様の怒りを静め、なだめる・・・そんな儀式がありました。

マンガ日本昔話でも、神様のまえに生贄をささげる。若い娘をささげる・・・そんな話がありました。

いけにえとは神様の前に供物として生きた動物をささげるという事。神様が喜ばれるもの・・・という事です。

その最も崇高ないけにえは、立派な牛や羊。たくさんの金銀・・・豪華な食事。それではありません。

自分の罪を認め、自分に絶望し・・・神様の前に、全く大きな顔をして出れないものが。自分のプライドも砕かれ、罪を乞い、心から赦しをねがう・・・その人の魂であります。

人が自分の罪を認め、心から悔い・・・どうしようもない自分を思いながらも、なお神様の前に、その憐れみを乞い、恵みを信じて、神の前にひれ伏す心。それこそが尊い、いけにえだという事です。

罪を犯した人間がすることで、私は日本的な感情とキリスト教的な感情で大きく違うと思う事があります。日本では罪を犯した時、死んでお詫びをする・・・という事が一番尊いような考えがあります。私もそう思って生きてきました。

ところが聖書の中では、罪を犯した者は、その罪を認め、心から悔い、心砕かれて神の前に出る。それがまずなすべきこと。神へのいけにえとして砕かれた魂を差し出すことだと教えられます。タイガー・ウッズやクリントン大統領の不倫事件は大きな罪であり、許されるべきことではありません。でもその中で彼らは砕かれた魂として神と人の前に悔い改めました。日本では罪を認めないか・・・死を選ぶか・・・そんな事ではないかと思うとき。聖書には違う選択があるのです。

もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。 第一ヨハネ1章9節

これは今週の暗唱聖句につながることであります。神様からの失敗したものへの再スタートへの励ましと恵みの言葉であります。



「平野の説教 A」ルカ6:27〜36 (先週の説教より)

 イエス様の平野の説教は、クリスチャンとしていかに生きるべきかを教えてくれています。旧約聖書の十戒にも匹敵する、「新約聖書の律法」であります。律法の第一の用いられ方は、その教えを読む事、従う事によって、いかに自分ができていないか。いかに罪深いものであるかを教えられます。その罪に対する神の裁きの前に、恐れおののき、絶望するものです。律法は人の罪を指し示し、人を殺すのです。その中で人は福音を求めるのです。自らの罪に絶望するものにこそキリストの十字架は輝くのです。そのために律法は大切です。 【あなたの敵を愛しなさい。あなたを憎む者に善を行いなさい。自分にしてもらいたいと望むとおり、人にもそのようにしなさい。】 これらの命令は私たちには守り切れません。守ろうとすればするほどできない自分に苦しむでしょう。絶望するでしょう。しかし、福音はその苦しみから解放してくださいます。罪ある私たちを、そのままで赦し、愛し、救い、永遠の命を約束してくださるのです。絶望からの喜びです。そして私たちはその喜びの中で、神様のみこころである律法に従おうとするのです。それは失敗ばかりかもしれません。しかし、正しい神様のみこころを守ろうとする時、人間本来の喜びがあるのです。文字は殺し、御霊は自由にするとあります。律法(文字)をそのまま守ろうとするならば、心は死にます。しかし、御霊(キリスト)にある時私たちは律法からも自由にされ、喜びの中で自由に神のみこころにチャレンジする人生へと導かれるのです。 アーメン




新着情報集会予定

●2月20日(水)祈祷会

●2月24日 (日)
9:00〜10:00教会学校(先週4人)
10:30〜礼拝
説教:豊島守師(ルカ7:1〜10)
午後:おしゃべりカフェ


please click
CGIのカウンターを新しくしました。。
管理人が帰宅後、19時半から21時の間にリセットされます。。
連続カウントはしません。

堺育麦キリスト教会

〒593-8327
大阪府堺市西区鳳中町2−34 −4

TEL 072-263-1989


牧師館
〒593-8327
堺市西区鳳中町2丁23−121
TEL 072-350-9126

いのちのことば社発行
「百万人の福音」7月号の
この町この教会に
当教会が紹介されました。
Click here

最終更新日 
2019年2月17日

毎週日曜日更新

小教理問答書      
当教会では、ルターの書いた小教理問答を大切にしています。
一緒に学んでみませんか?

小教理問答書の学びについて
小教理問答 ファイル用

説教集  

2013〜2018の説教

2019年1月6日の説教
2019年1月13日の説教
2019年1月20日の説教
2019年1月27日の説教
2019年2月3日の説教
2019年2月10日の説教
2019年2月17日の説教